<2020年2月現在>チリ・サンチアゴの抗議デモ


【サンチアゴで抗議デモ】に巻き込まれました。。その様子を動画で紹介します。
2020年2月7日現在

去年の10月に始まったデモは、原油価格の高騰により地下鉄の値上げに踏み切った政府への抗議です。大統領は声明で値上げに踏み切らなかったものの、国民の感情は収まらず、毎日のようにサンチアゴの広場で若者が集い、警察に対し暴力行為で応戦しています。

南米では政情が安定していたチリですが、現大統領の法改正に不満を抱いた若者たちは地下鉄値上げをきっかけに爆発。福利厚生や教育制度、年金のあり方など全てに不満と不安をぶつけています。

私は当初、同情の気持ちはあったものの、激しすぎる暴力行為は賛成できるものではないと思いました。広場近くの商店、レストラン、スーパーマーケットそして私立大学まで閉鎖に追い込まれたのは、他ならぬ暴徒たちが燃やしたり、万引きしたりと凶暴化しているからです。去年の10月には燃やされたスーパーマーケットで8人が亡くなりました。

今日の抗議デモ中は、装甲車が水を噴射し、30分に一度は催涙スプレーをふりまきます。はじめて催涙スプレーを受けました。肺が気持ち悪くなり吐きそうでした。この先、チリがベネズエラのようにならないことを切に願います。

※アイキャッチ画像が汚れているのは、抗議デモの水です。記憶を残すためそのままにしました。

【Protest in Santiago Chile】7th Feb 2020

I was involved in a protest in Santiago, Chile. Now I will introduce the situation with a video.

The demonstration, which began last October, is a protest against the government that raised the price of the subway due to rising oil prices. Although the president did announcements and the price stayed as before, but the citizen did not agree with them, and young people gathered every day in Santiago’s main square, fighting the police with violence.

The political situation was stable in Chile over last years, but young people who are dissatisfied with the current president’s law revision exploded due to a subway price increase and anxious about salary, tax, education system, pensions, etc.

At first, I felt very sad for young peoples but thought that violence was too much..Shops, restaurants, supermarkets and even private universities near the square were closed because they burned with fire. Eight people died in a burned supermarket last October.

During today’s protest, I got water from the armored vehicle and tear gas spray. My lungs felt sick and I was about to vomit. I hope that Chile will not become like Venezuela in the future.

 

error: Content is protected !!